読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレシピ - 俺のレシピはお前のレシピ-

脱料理初心者を目指し淡々と記録

ツナとトマトソースの相性がいい「玉ねぎとツナのトマトソースパスタ」

f:id:log134:20131217162220j:plain

ツナと玉ねぎのパスタと言うと和風系の味付けが多い気がするが、今回はトマトソースで作ってみた。
ツナをトマト缶で煮込むとソースがよく絡み、玉ねぎとツナだけとは思えないボリューム感がでる。

最後に振りかけたチェダーチーズの溶け具合がこれまた良い感じ。

玉ねぎとツナのトマトソースパスタの材料(たっぷり2人前)

  • ツナ缶・・・・・・・・・・1缶
  • 玉ねぎ・・・・・・・・・・1/2個(小さめなら1個)
  • にんにく・・・・・・・・・・2かけ
  • アンチョビ・・・・・・・・・・2匹分
  • 白ワイン・・・・・・・・・・30ccぐらい
  • トマト缶・・・・・・・・・・1缶
  • チャツネ・・・・・・・・・・小さじ1
  • オレガノ・・・・・・・・・・適量
  • 塩・・・・・・・・・・適量
  • 胡椒・・・・・・・・・・適量
  • チェダーチーズ・・・・・・・・・・たっぷり
  • お好きなパスタ・・・・・・・・・・180gぐらい

アンチョビやオレガノは無ければいらない。
チャツネはコクを出すために追加したので、蜂蜜やウスターソースなどで代用してもいいと思う。

アンチョビとツナ缶の塩気があるので、味付けは塩、胡椒のみで別途コンソメなどは入れる必要はない。

使うチーズも何でもいいが、チェダーは旨かったのでおすすめ。

作り方

  1. フライパンにオリーブオイルを引き、冷たいままの状態からスライスしたにんにくを炒める
  2. にんにくの香りが立ってきたら、細切りにした玉ねぎを軽く透き通るぐらいまで炒め、叩いてペースト状にしたアンチョビとツナ缶を入れさらに炒める
  3. 程よく炒めたら白ワインとつぶしたトマト缶、オレガノを加え煮込む
  4. この辺りでパスタを別鍋で茹で始める
  5. 煮詰まってきたらチャツネと塩胡椒入れ味を調える
  6. 水分がほとんどなくなってペーストに近い状態になったら火を止め、ゆで上がったパスタを加え混ぜ合わせる
  7. お皿に盛りつけ、チーズをすり下ろして完成

トマトソースをぐつぐつと20分〜30分ぐらい煮込むと酸味の角がとれてマイルドな味になってくる。
水分がなくなると焦げやすくなるので、トマトソースが焦げ付かないように注意が必要だ。

面倒なのでツナ缶はオイルを切らずにそのまま入れたが、気にする場合はオイルを捨ててから使えばいいと思う。(オイルを一緒に入れた方がうまい気がするが)

食べる

仕上げにかけたチェダーチーズのとろけ具合が良く、トマトソースにも良く合いうまい。チーズはたっぷりかけると美味しい。

じっくりとトマトソースを煮込むことでうまさがギュギュッと濃縮されたようだ。
ツナと玉ねぎでここまでウマいパスタが作れると思わなかった。

トマトソースの分量がパスタに対して多めだが、これぐらいの量を豪快に絡めて食べるぐらい美味しい。

以上、玉ねぎとツナのトマトソースパスタ。

チーズはこれで削った

これまで生姜をおろすのでチーズを削っていたのだが専用の器具を購入。
あたり前だが削りやすい。今のところチーズを削る以外に出番はないがおすすめ。

Zwilling Twin Cuisine チーズグレーター 39708-000

Zwilling Twin Cuisine チーズグレーター 39708-000