読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレシピ - 俺のレシピはお前のレシピ-

脱料理初心者を目指し淡々と記録

一晩寝かせるのもおすすめ「カジキと豆のカレー」

[16] カレー [魚] カジキ [他] ミックスビーンズ缶

f:id:log134:20150124213525j:plain

以前タラを用いて作ったカレーが美味しかったので、今回はカジキで挑戦。

日本的な市販のルーを使った所謂カレーライスとなると、中々魚を使おうという発想にならないが、 カレー粉を常備しているとこういったメニューも挑戦できるので幅が広がる。

今回の参考レシピ

[かじきと豆のトマトカレー煮] 料理レシピ|みんなのきょうの料理

カジキと豆のカレーの材料(4人前ぐらい)

  • カジキ・・・・・・・・・・4切れ(1パック)
  • ミックスビーンズ缶・・・・・・・・・・1缶
  • トマト缶・・・・・・・・・・1缶(今回はダイスカットのものを使用)
  • にんにく・・・・・・・・・・1かけ
  • 玉ネギ・・・・・・・・・・1/2個
  • (A)固形ブイヨン・・・・・・・・・・1個
  • (A)白ワイン・・・・・・・・・・100ccぐらい
  • カレー粉・・・・・・・・・大さじ2〜3ぐらい
  • パクチー・・・・・・・・・・お好みで
  • 塩・・・・・・・・・・適量
  • 胡椒・・・・・・・・・・適量
  • 小麦粉・・・・・・・・・・適量
  • オリーブオイル・・・・・・・・・・大さじ1

トマト缶はホールが無かったのでダイスカットのものを使用。
参考レシピでは大豆の水煮缶だが、こちらも無かったのでミックスビーンズの缶詰で代用。
エリンギも無かったので入れていない、茸類を入れるとまた味が変わるハズなので、何からの茸が余っていれば入れてしまうといい。

参考レシピでは水を使っているが、白ワインの飲みかけが余っていたので入れてみた。

下準備

  1. ニンニクをみじん切りにする
  2. 玉ネギを薄切りにする
  3. カジキを軽く水で流し、キッチンペーパーで水気をよく取り、塩胡椒する
  4. ビニール袋に小麦粉とカジキを入れ、振りながら小麦粉をまんべんなくまぶす

カジキはあえて切らずに切り身のまま使う。
もちろん食べやすい大きさに切っても美味しさは変わらないだろう。

作り方

  1. フライパンにオリーブオイルを熱し、カジキを焼く
  2. 焼き色がついたらひっくり返し、両面を焼いたら一度取り出す(後で煮るので完全に火を通す必要はない)
  3. 空いたフライパンにオリーブオイルを大さじ1加え、ニンニク炒める(フライパンに油が残っていれば追加のオリーブオイルは入れなくてよい)
  4. ニンニクの香りが出てきたら、玉ネギを加えしんなりするまで炒める
  5. トマト缶と(A)を加え、潰しながら煮る
  6. 沸騰したら、ミックスビーンズとカレー粉、塩、胡椒を加え煮込む
  7. 煮詰まって来たら火を止める
  8. 器に盛りつけ、パクチーを散らして完成

味付けはカレー粉、塩で調整する。

食べる

やはり、魚系カレーはうまい。
良い感じに魚の旨さがルーに溶け出している。

当たり前の話だが、カレー粉を少なめにするとトマト煮寄りの味になる。
トマトトマトしているのがイヤであれば、カレー粉を多めにしてじっくり根気よく煮詰めてトマトの尖った酸味を飛ばしてやるといい。

なお、この手の料理の鉄則で一晩寝かせても当然美味しい。

以上、カジキと豆のカレー。

定番インディアンカレー

カレー粉と言えばコレ。

インデアンカレー カレー粉 400g

インデアンカレー カレー粉 400g