読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレシピ - 俺のレシピはお前のレシピ-

脱料理初心者を目指し淡々と記録

休日のお昼ご飯にお手軽パスタ「ベーコンとセロリのペペロンチーノ」

[12] パスタ [肉] ベーコン [菜] セロリ

f:id:log134:20131207143718j:plain

簡単に作れて材料を選ばないペペロンチーノは休日の昼ご飯にピッタリである。
パスタを茹でる手間さえ惜しまなければ、炒飯や焼きそばに匹敵する手軽さだ。

我が家ではブロックタイプのベーコンを常備しており、これがあると玉ねぎや茸類、トマト缶などがあればそれなりのパスタがさくっと作れてしまう。

日持ちもするのでブロックのベーコンを常備するのはおすすめだ。

ペペロンチーノ作り方
お店レベルの「ペペロンチーノ」に挑戦する - オレシピ - 俺のレシピはお前のレシピ-お店レベルの「ペペロンチーノ」に挑戦する - オレシピ - 俺のレシピはお前のレシピ-

ペペロンチーノって家で作ると意外に難しい。塩気が足りなかったり、にんにくが効いてなかったりとお店で食べるのとだいぶ違う。そこで今回は知り合いの料理人(和食だけど...

具材がなくてもペペロンチーノはこんな感じで家庭でも美味しく作れるのだ。

ベーコンとセロリのペペロンチーノの材料(一人前)

  • パスタ・・・・・・・・・・80gぐらい
  • ベーコン・・・・・・・・・・お好きな量
  • セロリ・・・・・・・・・・1/2本(茎の部分)
  • にんにく・・・・・・・・・・2欠片
  • 唐辛子・・・・・・・・・・1本
  • オリーブオイル・・・・・・・・・・大さじ2〜3ぐらい
  • 塩・・・・・・・・・・適量
  • 胡椒・・・・・・・・・・適量
  • 乾燥パセリ・・・・・・・・・・お好みで

今回の具材はタイトル通りセロリとベーコン。
セロリの葉の部分は別の料理で使ったので使用していないが、丸ごと使っても当然問題ない。

作り方

  1. たっぷりの湯を沸かし、塩を大さじ1ぐらい入れてパスタを規定の時間茹でる
  2. フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくを炒める(フライパンが冷たいうちに)
  3. にんにくの香りが立ってきたら、お好みの大きさに切ったベーコンを入れさらに炒める
  4. にんにくがキツネ色になり、ベーコンにも火が通ったらセロリを加える
  5. ほどよく炒められたら火を止める
  6. フライパンの温度が下がったら、唐辛子とパセリ、パスタのゆで汁をおたまに軽く一杯ぐらい入れ、再び弱火で火にかける
  7. フライパンをゆすりながら、ゆで汁と油を乳化させたら火を止める
  8. 茹で上がったパスタに軽くオリーブオイルを回しかけ、フライパンに入れて混ぜ合わせる
  9. 塩、胡椒で味を調えて完成

乳化がきちんとできれば、塩、胡椒のみで美味しいパスタができる。
パスタのゆで汁を入れる時、フライパンの温度が高いままだと油が跳ねるので注意が必要だ。

食べる

実は自分で料理を作る前はセロリが嫌いであったのが、最近はあの独特のクセがたまらなくうまい。
このパスタもセロリではなく、玉ねぎやしめじでも美味しいのだと思うが、セロリが一番ピンとくる味である。

自炊を始めると好みも変わるようだ。

以上、ベーコンとセロリのペペロンチーノ。