読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレシピ - 俺のレシピはお前のレシピ-

脱料理初心者を目指し淡々と記録

胡麻たっぷりが美味しい「ごま醤油牛丼」

f:id:log134:20140308150938j:plain

胡麻たっぷりとみりん、醤油で味付けをした牛丼。
ニンニクや生姜を使っていないでの甘辛くもすっきりとした味。
胡麻をするのが少し手間だけど、簡単にできる丼もの。

今回は豆板醤を最後にトッピングしたけど、海苔や卵、マヨネーズなどを合わせても美味しいと思う。

ごま醤油牛丼の材料(たっぷり2人前)

  • 牛バラ肉薄切り・・・・・・・・・・300gぐらい
  • 玉ねぎ・・・・・・・・・・1/2個
  • ごま・・・・・・・・・・たっぷり
  • (A)みりん・・・・・・・・・・大さじ5〜
  • (A)醤油・・・・・・・・・・大さじ5〜
  • (A)酒・・・・・・・・・・大さじ2
  • 豆板醤・・・・・・・・・・お好みで
  • ご飯・・・・・・・・・・お好きな量

肉は牛でも豚でOK。
カロリーを気にしないのであれば、豚バラ肉など脂が多い分を使うとより美味しい。

玉ネギに代わりに長ネギを入れたり、キャベツやレタスの千切りをプラスするのもいいと思う。
豆板醤ではなく、生卵やマヨネーズ、七味なんかを最後のひと味にするのもありだ。

漬け汁は濃いめの味付けにして、やや多めの分量、肉がヒタヒタにつかる位を目安に作っておくといい。(少ないとあまりご飯にタレが絡まない)

作り方

  1. フライパンでから煎りした胡麻を擂り鉢ですり潰す
  2. すり潰した胡麻と(A)の調味料を合わせ、牛肉を1時間程漬け込む
  3. フライパンに油をひき、薄切りにした玉ねぎを炒める
  4. 玉ねぎが透き通ってきたら、肉を漬け汁と一緒に加えさらに炒める
  5. 肉に火が通り、汁気が少なくなって照りが出てきたら完成

火があまり通っていないシャキシャキの玉ねぎが好みであれば、肉と一緒に漬けておき、一緒に焼き上げても問題ない。

味足りなければ、適宜みりんと醤油を足しつつ炒める。

面倒であれば。胡麻をから煎りする作業はやらなくてもいい。

食べる

いわゆる牛丼チェーンで食べる牛丼とは違う味だけど、これはこれで美味しい。
牛肉じゃなくて豚肉でも当然美味しい。

以上、ごま醤油牛丼。

胡麻は大量に使う

すごい上等な胡麻ではないけど、しっかりと香りもして大量で安いのでアマゾンで買っている。 これぐらいの量があるとどんな料理にでもたっぷりと胡麻を心置きなく使うことができる。

かどや いりごま(白) 1kg

かどや いりごま(白) 1kg