読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレシピ - 俺のレシピはお前のレシピ-

脱料理初心者を目指し淡々と記録

低カロリーでヘルシーな「炒りおから」

f:id:log134:20130921195443j:plain

おからと卯の花の違いがよく分からないが、おからと呼ばせてもらう。
ヘルシーで低カロリーで多分栄養もあると思う「おから」、そして安い。
ただでさえ安いのにさらに半額になっている場合もある。

おからに入れる具は、よほど変なモノを入れない限り何でもおいしいと思う。
居酒屋なんかに行くと、そのお店独自のこだわりというかスタイルがでていて面白い。

炒りおからの材料

なぜ「炒り」を付けたかというと、よく行くお店のメニューがそうなっているからで深い意味はない。

  • おから・・・・・・・・・・1袋(多分200グラムぐらい?)
  • 玉ねぎ・・・・・・・・・・1/2個
  • 長ネギ・・・・・・・・・・1/2本
  • にんじん・・・・・・・・・・小さいの1本
  • こんにゃく・・・・・・・・・・1/3
  • 油揚げ・・・・・・・・・・2枚
  • 干し椎茸・・・・・・・・・・3個
  • (A) みりん・・・・・・・・・・大さじ3
  • (A) 砂糖・・・・・・・・・・大さじ3
  • (A) しょうゆ・・・・・・・・・・大さじ2
  • (A) 出汁・・・・・・・・・・1カップ

出汁はたまたまあったので入れてみた、なくてもいいし、めんつゆ等を入れてもいいかもしれない。

下準備

干し椎茸を前もって戻しておく。戻し汁は後で使う。

まず何はともあれ、材料のみなさんを切らなければならない。
にんじん、玉ねぎ、こんにゃくはみじん切り、長ネギは小口切り、椎茸と油揚げは千切りにする。
この辺りの切り方はお好みでいいと思う。

炒める

面倒なのでフライパンに油を引き、材料を全部まとめて投入し、炒める。
ほどよく火が通って切ったら、おからを投入する。
おからは油を良く吸収し、しっとりするので、カロリーが気になる人以外はここでおからの上から油を入れる。(大さじ2ぐらい)

しばらくおからを炒めてから、(A)の調味料と椎茸の戻し汁を入れる。
調味料は面倒ならまとめて入れてもいいが、味を調整しつつ作るのであれば、みりん、砂糖、醤油と入れて調えていく。

出来上がり

しばらく炒め汁気が飛んできたら完成。
そのまま出来たてを食べてもうまいが、冷めてもうまい。

出汁はなくてもいいと言ったけど、やっぱり出汁入りが美味しいと思う。
味がくどくなり過ぎない程度にめんつゆなどを入れた方がいいかもしれない。

ゲソとか桜海老などを入れるとより美味しい。

以上、「炒りおから」。