読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレシピ - 俺のレシピはお前のレシピ-

脱料理初心者を目指し淡々と記録

こってり濃厚。甘辛味噌仕立ての「牛ホルモン鍋」

[18] 鍋 [肉] 牛ホルモン

f:id:log134:20140416233605j:plain

牛モツを使った鍋。
近所のお肉屋さんで買ったホルモン詰め合わせ1kg(900円)を使用。
詰め合わせの内容は、ギアラ(4番目の胃袋)、ハツ(心臓)、ヒモ(小腸)、シマチョウ。

これらをニラ、玉ねぎ、キャベツと一緒に自家製焼き肉のタレと酒で煮込んでみた。
やや脂がきつめだったので、ホルモンは下茹でしておけばよかったかもしれない。

牛ホルモン鍋の材料(3〜4人分)

  • 牛ホルモン・・・・・・・・・・1kg
  • キャベツ・・・・・・・・・・1/2個
  • ニラ・・・・・・・・・・1袋
  • 玉ねぎ・・・・・・・・・・2個
  • (A)すり下ろしニンニク・・・・・・・・・・3かけ
  • (A)甜麺醤・・・・・・・・・・大さじ4(なければ普通の味噌+酒+砂糖で代用可能)
  • (A)豆板醤・・・・・・・・・・大さじ1(省略可)
  • (A)赤唐辛子・・・・・・・・・・3本(お好みの辛さで調整)
  • (A)砂糖・・・・・・・・・・大さじ3
  • (A)胡麻油・・・・・・・・・・大さじ4
  • (A)醤油・・・・・・・・・・大さじ2
  • (A)みりん・・・・・・・・・・大さじ2
  • (A)すり下ろした胡麻・・・・・・・・・・大さじ8〜10ぐらい(たっぷり)
  • 酒・・・・・・・・・・100cc
  • 塩・・・・・・・・・・適量

長ネギやモヤシ、ニンジンなど他の野菜を入れてももちろん問題ない。
使うホルモンは何でもいい。
何種類かの異なる部位を用意した方が、うまみや食感が変わるのでおすすめ。

(A)の材料が漬けだれである。
この材料を適当に混ぜ合わせればお店風の焼き肉のタレ(甘辛味噌味)ができあがるはず。
好みに応じて各調味料の分量を調整すると良い。
煮込むと食材から水分が出るので、やや甘めの味濃いめで作るのがおすすめ。

作り方

  1. (A)の材料を合わせ漬けだれを作る
  2. 漬けだれにホルモンと細切りにした玉ねぎを漬け込む(1〜2時間。時間があれば1日でも)
  3. キャベツをザク切りにして、鍋の底、一番下に並べるように入れる
  4. その上にホルモンを漬けだれごと放り込み、酒を回しかける
  5. 弱火で鍋を火にかけ、蓋をしてしばらく煮込む
  6. ホルモンに火が通って来たら、ニラを加え、塩で味を調え完成

水は入れなくてもキャベツやホルモンから出る水分で煮込むことができるはず。
焦げ付きそうな場合は水(もしくは酒)を少量入れる。

ホルモンの脂が気になる場合は、さっと下茹でして脂を抜いておくといい。

食べる

こってり甘辛の間違いないお味。
ビール、焼酎、日本酒、ワインどれでも来いという感じだ。
漬け込んだホルモンは焼くだけでも美味しい。

〆は卵と豆腐をプラスして雑炊にした。

以上、牛ホルモン鍋。

我が家で使っている土鍋とコンロ

このコンロは薄くて収納の場所を取らないところがおすすめ。
土鍋は4人〜6人用サイズ。つや消しブラックのデザインが気に入って購入したもの。
鍋以外にも炊き込みご飯などで活躍中。

イワタニ カセットフー 達人スリム 【うす型コンロ / 高さ74mm】 CB-AS-1

イワタニ カセットフー 達人スリム 【うす型コンロ / 高さ74mm】 CB-AS-1

 
SHIKIKA 土鍋 大 黒 02862

SHIKIKA 土鍋 大 黒 02862